テキサスホールデムポーカーのルール!遊び方とポーカーの役

テキサスホールデムポーカーのルールと遊び方

今回は、テキサスホールデムポーカーのルールを、「今すぐプレイしたい方」向けにわかりやすく書いていこうと思います。

この記事を見終えるころには、すぐにプレイすることができるようになっていると思います。

テキサスホールデムポーカーを今すぐプレイするために、覚えなければならないこと。

事前知識編「ポーカーの役」

まずは「ポーカーの役」から説明していきますよ。

実践編「チップのアクション」と「テキサスホールデムポーカーの基本」

事前知識編「ポーカーの役」は知っていますか?

テキサスホールデムポーカーをやるには、まずポーカーの「役」について知っておかなければなりません。

ポーカーは基本5枚のカードの組み合わせで役を作り、その優劣で勝負します。役の優劣で勝負する点は麻雀や花札と一緒ですね。

それでは、ポーカーの役について解説をしていきます。

①から⑩まで全てが役です。役が弱い順に説明していきます。
また、()内はテキサスホールデムポーカーにおいてその役ができる確率です。

①ハイカード(17.41%) ペアがない場合 (例)K,J,10,5,2
②ワンペア(43.8%) 同じ数字のカードのペアがある場合 (例)K,K,10,5,2
③ツーペア(23.5%) 同じ数字のカードのペアが2組ある場合 (例)K.K,10,10,2
④スリーカード(4.83%) 同じ数字のカードが3枚ある場合 (例)K.10,10,10,2
⑤ストレート(4.62%) 連続した数字のカードが5枚ある場合 (例)K,Q,J,10,9
⑥フラッシュ(3.03%) 同じマークのカードが5枚ある場合 (例)K,J,10,5,2(全て同じマーク)
⑦フルハウス(2.6%) ワンペア+スリーカード (例)K,K,10,10,10
⑧フォーカード(0.168%) 同じ数字のカードが4枚ある場合 (例)K,K,K,K,10
⑨ストレートフラッシュ(0.0311%) ストレート+フラッシュ (例)K,K,10,10,10
⑩ロイヤルストレートフラッシュ(0.0031%) A〜10のストレートフラッシュ (例)A,K,Q,J,10(全て同じマーク)

以下の画像は⑩のロイヤルストレートフラッシュです。

 

まず、初心者の方はこの①〜⑩までの「役」を覚えるのが大切です。
この役が強い人がポーカーゲームの勝者となります。

Q&A

Q 相手と同じ役がそろったらどうなりますか?(例。ワンペア対ワンペア)

Aカードの強い方が勝ちとなります。

カードの数字には強さの順番があります。

A<K<Q<J<10<9<8<7<6<5<4<3<2

Aが一番強く2が一番弱いです。

例えば10のワンペアと、3のワンペアの勝負だと、10のワンペアが勝ちます。

Q 相手と同じ役かつ同じ数字の場合はどうなりますか?(例。Kのワンペア対Kのワンペア)

A 役以外のカード(キッカー)で勝負します。
相手と同じ役、数字になった場合、。ペアになっていないカードの中で最も強い数字で勝負します。
このカードを「キッカー」といいます。

例えばK,K,10,3,2とK,K,8,7,5のワンペアの勝負だと、
キッカーは10,3,2と8,7,5の部分です。
キッカーの中では10が一番強いカードとなるので、前者のワンペアが勝ちます。

キッカーでも決着がつかない場合は引き分けとなります。

以上ここまでが、事前知識編の「ポーカーの役」の解説にになります。

ここからは、実践編の「チップのアクション」と「テキサスホールデムポーカーの基本」を解説していきます。

ちなみにポーカーにはテキサスホールデム以外にも

ポーカーの種類
  1. ドローポーカー
  2. オマハポーカー
  3. スタッドポーカー
  4. オアシスポーカー
  5. カリビアン・スタッド …etc

と、まだまだたくさんの種類があります。
そしてこれらのたくさんの種類のポーカーの「役」は全て共通となっているので、まだ、覚えていない方はぜひとも覚えてみてください。

実践編「チップのアクション」と「テキサスホールデムポーカーの基本と流れ」

チップのアクションとは??

テキサスホールデムのチップのアクションは基本的に5つのみです。

基本アクション
  1. チェック チップを賭けずにパスをすることです。
  2. フォールド ゲームから降りることです。
  3. ベット チップを賭けることです。
  4. レイズ ベットに対して更にチップを上乗せして賭けることです
  5. コール 他人のベット、レイズに対して同じ額だけ出すことです。

簡単に考えると、「勝負を続ける」か「勝負を降りる」かだけです。

続ける場合に自信がある場合は積極的に「ベット」、「レイズ」をしていきましょう。
逆にあまり、自信がない場合は「コール」、「チェック」をしていきましょう。
勝てる見込みがない場合は「フォールド」といった感じです。

テキサスホールデムポーカーにはラウンドが1から4ラウンドまであります。
それぞれのラウンドでチップのアクションを行うことができます。

1Rプリフロップ
2Rフロップ
3Rターン
4Rリバー

ラウンドやラウンドの名称については、後々もう一度解説します。まずは、

”各プレイヤーは自分の順番が回ってきたら、毎ラウンドにチップのアクションを行う”

ということを覚えておいてください。

テキサスホールデムポーカーの基本情報と、実際のプレイの流れ

ここからは実際のポーカーゲームの流れを解説していきます。

テキサスホールデムポーカーの基本情報

ルール

・カードはトランプのジョーカーを抜いて計52枚を使います。
・プレイ人数は通常2人〜10人まで遊ぶことができます。
・ゲームは時計回りで進行していきます。
・7枚のカードから5枚の役をつくるゲームです。
・「役」が一番強い人の勝ちです。
・役の結果でお互いが賭けたチップを獲りあいます

実際のプレイの流れは画像を用意しました。
以下の画像は、筆者がよくお世話になっているオンラインポーカーの「PokerStars」です。

テキサスホールデムポーカーのプレイの流れ

STEP.1
①カードがプレイヤー全員に裏向きに2枚ずつ配られる(プリフロップ)

このカード2枚と、のちにフィールドに出る5枚のカードで「役」を作ります。
自分のカードを”ハンド”(ホールカード)といい、
フィールドに出るカードを”コミュニティカード”といいます。

また、このコミュニティーカードが場にまだ出ていない状態を”プリフロップ”といいます。

STEP.2
②アクションを開始していきます。
アクションの順番はボタン(ポジションの名前:画像参照)の左隣3人目からスタートです。

ボタン(BTN)とは

ポジションの名前です。
ボタンから1つ左隣がスモールブラインド(SB)
スモールブラインドから1つ左隣がビッグブラインド(BB)
この3つのポジションと位置(BTN➝SB➝BB)は覚えておいてください。

強制ベットとは

1R目に行われる義務的なBETです。
SBとBBが払わなければならず、額はテーブルによって異なります。

STEP.3
③自分の番が来たらアクション。
どんなハンドで勝負するかは人によって大きく変わります。
自分のプレイスタイルを見つけてみてください。
STEP.4
④全員のアクションが終わったら、フィールド中央に3枚のカードがオープンします

→自分の番が来たらアクション

コミュニティカードが3枚オープンした状況を”フロップ”といいます。

STEP.5
⑤全員のアクションが終わったら、フィールド中央にカードが1枚追加される

→自分の番が来たらアクション

コミュニティカードが4枚オープンした状況を”ターン”といいます。

STEP.6
⑥フ全員のアクションが終わったら、フィールド中央にカードが1枚追加される

→自分の番が来たらアクション

コミュニティカードが5枚オープンした状況を”リバー”といいます。

STEP.7
⑦最後までゲームに参加しつづけたプレイヤー同士で役を競う

➝勝者がそれまでに賭けられたチップをすべて手にする。

最後の役を競う状況を”ショーダウン”といいます。

どうでしたか?これでプレイできるほどにはテキサスホールデムポーカーの全容が掴めたかと思います。まだ、プレイしたことが無い方はぜひ挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA