オンラインカジノのジャックポット付スロットはおすすめしない

オンラインカジノのジャックポット付スロットはおすすめしない

カジノの代名詞とも呼べるジャックポット。このジャックポットは大当たりという意味合いで使われたり大きな賞金を出すスロットの機能を指したりするのですが、一度は当ててみたいものですね。

しかしながら、普段から超高額のジャックポットのスロットを打つことはあまりおすすめ出来ません。ジャックポットを当てやすくなるコツと共に分かりやすく解説しましたのでご覧ください。

ジャックポット付きのスロットをおすすめしない理由

ジャックポット付きのスロットをおすすめしない理由

正確にはプログレッシブジャックポット付きのスロットはおすすめしません。というより、稼ぐという観点からみるとスロットは鬼門になるので可能であればやらない方が得策です。

とはいいつつも回してしまうのが、ギャンブラーというもの。あまりにも効率的ではないためにプログレッシブジャックポット付きのスロットをおすすめしない理由を挙げていきます。

おすすめしない理由
【理由①】RTPが低い ジャックポットの払い出し金額込でもRTPは94%程度。悪い場合は88%くらい。(普通のジャックポットなしのスロットは96~98%が平均)
【理由②】基本的にジャックポットを当てないと大きく勝てない ジャックポット付きのスロットは通常時の配当がかなり抑えられる。

【理由①】RTPが低い

【理由①】RTPが低い

スロットを回す上でRTP(還元率)までに収束させるには何万回も回さないといけませんので、RTPはそんなに考慮するべきことではありません。

しかしながら、ジャックポットの払い出し金額込でもRTPは94%程度。悪い場合は88%くらいとなります。

普通のジャックポットなしのスロットは96~98%が平均的ですので、かなり悪い内容となっていると言わざるをえません。

【理由②】基本的にジャックポットを当てないと大きく勝てない

【理由②】基本的にジャックポットを当てないと大きく勝てない

私がプログレッシブ付きのジャックポットをおすすめしないのはこれが大きな理由です。

ジャックポット付きのスロットは通常時の配当がかなり抑えられています。これはジャックポットの配当込でRTPが設定されているからではないでしょうか。

運にもよるでしょうが、フリースピンやボーナスゲームなどの他のモードがないようなスロットでは大きな配当を期待できないものと思っておきましょう。

【注意】ジャックポットを当てるには最低ベット額が設定されている場合も

【注意】ジャックポットを当てるには最低ベット額が設定されている場合も

プログレッシブジャックポットのスロットを回す時には注意が必要です。ジャックポット当選の権利が発生する最低ベット額が設定されていることがあります。

プレインゴー社のジャックポットの権利発生賭け額

特にPlay’n Go社のスロットは1ユーロ以上の賭けでないとジャックポットは当たらない作りになっているので、1.5ドルくらいのステイクで回すようにしてください。

ジャックポットスロットには3種類ある

ジャックポットスロットには3種類ある

オンラインカジノには3つの種類のジャックポットスロットが存在します。それぞれの特徴を掴むことで攻略の手助けになるるのではないでしょうか。

おすすめスロットも紹介していきます。

プログレッシブジャックポットスロット

プログレッシブジャックポットスロット

賭け額のいくらかの割合がジャックポットとしてプールされていき、ジャックポットが当選した人一人に全て払い出されるというもの。

 

このタイプのスロットはペイライン、コイン数をマックスにすると当選確率が上がるとされているものが多くありますが、実際のところはどれだけ確率が上がるようになるのかは不明ですので回数を回した方が良いのではないかと思っています。

複数のカジノをまたいでジャックポットはプールされていきますので、ジャックポット額が吊り上がってくるとそのスロットを回すプレイヤーも多くなり賞金の方も加速度的に上がっていきます。

Mega Moolah(メガムーラン/メガムーラー)

Mega Moolah(メガムーラン/メガムーラー)

Mega Moolah(メガムーラン/メガムーラー)

マイクロゲーミング社のプログレッシブジャックポットと言えばこれ、とも呼べる定番になっているスロット。過去には24億円ものジャックポットが出た実績もあります。

 

サバンナをモチーフとしているこのスロットは、特定のシンボルを揃えるとジャックポットというわけではなく、ゲーム中にジャックポットホイールが突然現れ何らかのジャックポットが確定します。

Mini、Minor、Major、Megaの4種類がありメジャーでも100万円の配当はあるので、ミニ以上であればなんでも構わないといったところでしょうか。

Empire Fortune(エンパイアフォーチュン)

Empire Fortune(エンパイアフォーチュン)

Empire Fortune(エンパイアフォーチュン)

ユグドラシル社の1億を超えるジャックポットを搭載したこのスロットは姉妹機のJoker Millions(ジョーカーミリオンズ)とジャックポットの額が連動しています。

 

ちなみにMega Moolah(メガムーラー)もメガムーラーアイシスという姉妹機があります。

ユグドラシル社のスロットのほとんどに言えることですが、フリースピン・ボーナスゲームを獲得してもしょっぱい配当が多いので全然増えないというのが私の印象。

このエンパイアフォーチュンにはフリースピンとジャックポットの獲得に期待がかかるボーナスゲームが用意されていますが、どちらも獲得するにはかなり重いものとなっていますので過剰資金でのプレイが推奨されます。

賭け額に応じてジャックポット額が変化するスロット

賭け額に応じてジャックポット額が変化するスロット

賭け金が大きくなるとその分だけジャックポット額が変化し、決まった固定の倍率が払い出されるスロットです。

今回紹介する、プラグマティックプレイ社のスロットによく付いている機能となります。

マスタングゴールドのGrandは2回ほど当選経験あり。いずれも最低のベット額でしたがプログレッシブジャックポットと比べると段違いに当たりやすいジャックポットです。

ジャックポットを当ててみたいが、プログレッシブの台は敷居が高い…という人におすすめ。当選権利などの条件も特にはありません。

プラグマティックプレイ社のスロットにはボラティリティの表記があるので、全然わからなくてどうしようと迷っている人は低ボラティリティのスロットを回してみては?

Wolf Gold(ウルフゴールド)

Wolf Gold(ウルフゴールド)

Wolf Gold(ウルフゴールド)

巷ではよく出ると噂のウルフゴールドですが、自分はマスタングゴールドの方が好きだったりします。

ウルフゴールドではマネーリスピンという、3回の猶予が与えられた間に一つでもシンボルが揃うともう一度3回分のリスピンが与えられます。これを繰り返してシンボルが15個全てそろうとMegaジャックポット獲得。1000倍の配当となります。

Mustang Gold(マスタングゴールド)

Mustang Gold(マスタングゴールド)

Mustang Gold(マスタングゴールド)

マネーシンボルが出現した状態でコレクトシンボルが5リール目に現れるとそのマネーシンボルの額を獲得できます。Jackpotシンボルだとジャックポットボーナスへと突入。Mini、Minor、Major、Grandのいずれかがジャックポットシンボルをコレクトした時点で確定です。

 

この他にも自分がよく回すのはFire 88というローボラティリティのスロットがあり、そのスロットにも固定倍率のジャックポット機能が付いています。約40倍、約90倍、約900倍が当たるのですが、通常時でも10倍程度の配当が細かく出るので、ボーナスの消化としていかがでしょうか。

Daily(デイリー)、Hourly(アワリー)など時間によって必ず放出されることが決まっているスロット

Daily(デイリー)、Hourly(アワリー)など時間によって必ず放出されることが決まっているスロット

Daily Jackpot

Red Tiger(レッドタイガー)社、通称:赤虎のスロットにはDaily、Mini Dailyなどと普通のMegaプログレッシブジャックポットの他に必ず決められた時間内にジャックポットが放出されるものがあります。

このジャックポットの獲得条件は0.2ユーロまたは、0.2ドル以上で回すことと参加するハードルも低く、決まった時間内に必ず放出されるので、普通のプログレッシブジャックポットよりかはかなり当たりやすいと言えます。

参加人数は多くなりますが、放出期間が迫っていると当たる確率はグッと高くなることに。終了30分前くらいにまだ当たりが出ていないようでしたら、必ず参加するようにしましょう。

ジャックポットを当てたいのであれば固定のものか、レッドタイガー社のスロットを回そう

レッドタイガー社

ジャックポットを当てたいのであれば固定のものか、レッドタイガー社のスロットを回そう

プログレッシブジャックポットが当たるということは確率的に考えてまずありませんので、現実的なところを狙っていくべきではないでしょうか。

プログレッシブジャックポット付きのスロットは通常時の配当がしょっぱいものが多いので総じてつまらないというのが個人的な見解です。

しかしながら、固定倍率のジャックポットスロットとレッドタイガー社のスロットは通常時でもそこそこ当たる上に、ジャックポット当選の確率も高いのでこちらをおすすめしておきます。

ジャックポットを当てるコツはあるのか?

ジャックポットを当てるコツはあるのか?

いくつかの当たりやすくする方法はあるようです。

RNG(乱数発生器)について

RNG(乱数発生器)について

基本的にスロットの当たりハズレはRNGといって乱数発生器というコンピュータープログラムが関わっています。

生成される数値は完全なランダムでプレイヤーがスロットのスピンボタンを回していない際もランダムな数値を生成しているのです。

そのため、パチスロのような天井という概念はオンラインカジノのスロットには当てはまらないものとしてください。

いくら回しても当たらないこともあり、ジャックポットが当たった次のスピンでもう一度大きな配当を得ることもあるのです。

MAXベットにて当たりやすくなる?

MAXベットにて当たりやすくなる?

いくつかのプログレッシブジャックポットにはベット額を上げることで当たりやすくなるという機能を持ったものがあります。

MAXベットとは、ペイラインを全て有効にしてコインレベルを最大にする方法です。コインバリューは最低でもかまいません。

最近のスロットは回すベット額をそのまま決めるタイプのスロットが多くなってきていますが、高額なジャックポットを獲得したというニュースを聞いているとほとんどの人が低いベット額であることが多いので、当選確率の上昇は小さなものではないでしょうか。

レッドタイガー社のHourly(アワリー)ジャックポットの放出期限ギリギリを攻めれば当たる?

レッドタイガー社のHourly(アワリー)ジャックポットの放出期限ギリギリを攻めれば当たる?

これはかなり有効な方法だと思われます。

もし、有効期限内に当選者がでなかった場合、その賞金は次の時間に引き継ぎされるのですが、放出期限ギリギリで回していた人が一人でもいればその人に当たるような仕組みになっています。

デイリージャックポットが期限ギリギリまで当たらないということはなかなかありませんが、1時間に一回ジャックポットが当たるアワリーだったら最後のほうまで当たらないということが結構あるようです。

アワリージャックポットがあるレッドタイガー社のジャックポットスロットを回せるオンラインカジノはカジ旅です。期限が近いジャックポットがあれば是非回すようにしてください。

まとめ

オンラインカジノのジャックポット付スロットはおすすめしないまとめ

  • 基本的にプログレッシブジャックポット付きのスロットは勝てない
  • 固定倍率のジャックポットスロットならば当たりやすい
  • レッドタイガー社のスロットもおすすめ
  • RNGによって管理されているオンラインカジノのスロットに天井はない

いくら長期的にみたらスロットはおろかオンラインカジノのゲームは勝てないようにできていると言われてもそこでやらないような選択をするような人はわざわざこのサイトのこの記事を見に来ないのではないでしょうか。

プログレッシブジャックポットスロットも資金に余裕があれば、勝てる見込みは少ないものの一発にかけるという意気込みは男らしいものだと思います。

そんな愛すべきギャンブラーのために、このサイトでは役にたつ情報を深く掘り下げて発信していきます。

最後に

実は今日もテーブルゲームで勝ったお金をスロットで大きく増やそうと思って負けてしまいました。(´;ω;`)

自分の資金管理が下手くそなのでしょうが、スロットを回しているとあまりに勝てずに負けてしまうのでイライラする⇒ベット額を上げる⇒爆死の黄金パターンを未だに実践してしまっています。

こればかりは自身の未熟な部分が出てしまっているので何とか改善していきたいものですが、スロットは本当に難しく勝てないので初心者の方はテーブルゲームを専門にすることをおすすめしておきます。

生活ができないような無茶なベットはしないようにしてください。

以上で、ジャックポット機能付きのスロットはおすすめしない理由の記事を終わります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたがオンラインカジノで勝てることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA